家具はずっと私たちの傍にあり、
理想の暮らしには生活を楽しくする
「家具」が必要だった。

高野木工は1942年に、福岡県大川市でタンス創りから始まりました。
タンスは長年衣類や思い出を守る家具。

高野木工は日々の暮らしと共に 、
10年、20年と“思い出が宿る”ことをいつも考えています。

そのためには、まず丈夫で繊細でなければならない

また、飽きがこないデザインであり、生活を楽しくするものでなければならない 。

その思いを胸に、私たちはトータルで家具を創り始めました。

高野木工の家具は、ただモノとして機能するだけではなく

“思い出を記録する家具”

として、家族の傍らでそっと見守る存在でありたいと願っています。

昔の家にはあった大黒柱の傷、
イタズラをして怒られた傷 、兄弟で背比べをした時につけた

油性マジックペンの跡のような 使っていくうちについた“家族の記録”。

家具を通してそんな思い出に浸っていただけたなら、

そして生活をより魅力あるものにするお手伝いができるなら…。

そんな願いを込め、今日もあたたかい人の手で創っています。