天然木は歳月の経過に伴い、
木目の表情が味わい深くなり、色味が変化していきます。

高野木工で使用している天然素材の家具も
時間と共に愛着の湧く「経年変化」を感じることができます。

 

木の種類によって色味の変化は様々です。
色が濃くなっていく木材、反対に色が淡くなっていく木材など
材質により色相、彩度、明度が個々に変化します。

高野木工の家具で使用されている主な3つの無垢材において
厚紙で半分を覆い、2ヶ月間、室内の日当たりの良い場所に置き
経過を観察しました。

 

アルダー


ナチュラルシリーズなど明るく柔らかな雰囲気におすすめのアルダー材。
アルダー材の経年変化による色合いは、時間と共に明度が高くなるのが特徴です。
オレンジ色の温かみのある色から、白っぽく色味が変わっていきます。

 

 

ホワイトオーク


北欧の雰囲気やナチュラルモダンのテイストにおすすめのホワイトオーク材。
オーク材の経年変化による色合いは、使うほどに少しだけ色が深くなります。
ほんのり黄みを帯びたベージュに変化していきます。

 

 

ウォールナット


モダンで落ち着いた重厚な雰囲気漂うウォールナット。
ウォールナット材の経年変化による色合いは、黒味や紫味が抜け、
ほんのり明るい赤茶色に変化していきます。

 

 

 

様々な要因により変色が生じますが、最も大きな要因は“光”と言われています。

直射日光に当たることはなくても、
時間の経過とともに、必ずその影響が現れてきます。

特に紫外線の影響は強く、
光を吸収して、木材の色が変化します。

天然木は育った環境により、木の1本1本が違った風合いを持ち
木目や色の個性もさまざまです。
経年変化による色みの変化も多少異なる可能性もございますので
参考としてこれらの特徴をご理解頂き、永くご愛用いただければと思います。

 

 

 

Posted by:takanomokkou

コメントを残す