アートのある暮らし第三弾です。
弊社のイメージにも度々登場するアート作品。

高野木工では日本で唯一、
フランスのアートユニットBLUCANARIの
作品を取り扱っています。

今回はBLUCANARIの作品で使用される
EpsonのDigigraphie®という
最新技術について詳しく探りたいと思います。

 

Digigraphie®とは?


原画の表現を最高品質に実現するこのデジグラフというEpsonの印刷技術は、
ヨーロッパやアメリカを中心に、現在主流の
デジタル版画プリンティング技術と言われています。

この技術は世界中のアーティストに取り入れられ、
美術館や博物館の作品に使われることもあります。

 

こちらのイメージは ENC-TAI という作品です。
この和紙のコラージュ部分は、
実際に和紙を貼り付けているかのようです。

 

この作品のような細やかな質感、
インクの重ね塗りなどによる凹凸など
作者のタッチがそのまま表現されています。

さらに、
淡いグラデーションやインクのにじみ。
作者の筆遣い、息づかいまでもが伝わるような最先端の印刷技術です。

 

また、Blucanariの作品では
Ultra chrome インクと呼ばれる、
60年カラーを保つ最高品質のものを使用しています。

この顔料インクはメディアの表面に定着し、質感あふれる高精細な色を再現します。
さらに酸化しないといわれているため、日焼けなどの色あせも防ぐ効果もあります。

 

 

Digigraphie®について(Epson海外公式サイト)

 

楽天の弊社オンラインショップにて
BLUCANARIの新作を販売開始致しました。

 

 

 

Posted by:takanomokkou

コメントを残す