デザインやサイズ、カラーなど、
家具を選ぶ際の選択肢はいくつもありますが、
木製家具ならではの特徴として「木目」があります。

無垢材や突板などの表記がある家具の場合、
もちろんその素材には自然の木材が使われています。

木製家具として加工される際には、
製材所で一本の丸太から一枚の板として製材され、
そこからさらに細かいパーツへと加工されていきます。

一般的に無垢材の家具と呼ばれるものは、
この一枚の板をそのまま使ったり、貼り合せたものを使い、
突板使用の家具は一枚の板を薄くスライスしたものを使います。

この製材過程で現れる「木目」には大きく分けて2種類あり、
木材を製材する際にその切り出し方によって、
形や模様が異なり様々な表情を見せてくれるのが特徴です。

今回はこの木目についてご紹介していきたいと思います。

 

 

■板目

itamasa_c

板目とは年輪に対して縦方向に切断した際にできる
木目のことで山やタケノコのようなカタチをしたものを指します。

1本の木でも同じ木目の板は取れないため、
様々な表情が現れるのも板目の特徴です。

木の年輪がカタチとして現れるため、
木製家具という力強い印象を与えます。

木材の存在感を際立たせ、力強い印象であったり、
木の柔らかさを感じさせてくれるのが板目を使った家具の魅力です。

■柾目

一方柾目とは真っ直ぐに流れる平行な木目をいいます。
年輪の直径やこれに近い面で中心に向けて切断するとこの柾目が現れます。

この柾目材の魅力は洗礼されたスッキリとした印象を演出します。
また木材の反りや割れを軽減でき加工性が高いのも柾目の魅力でもあります。

木製家具ならではの特徴である板目と柾目。

プリント化粧や樹脂を使ったものなど、
この木目を人工的に作ったものもありますが、
自然素材の木ならではの風合いにはやはり劣ります。

ぜひこの木目を上手く使い分けて、
お部屋のコーディネートにお役に立てて頂ければ幸いです。


Posted by:takanomokkou

コメントを残す