家具の木材の中でも、
いまだに高い人気と知名度を誇るウォールナット。

IMG_7840

まっすぐで美しい上品な木目、
ウォールナット色と呼ばれる独特の深みのある色合いは、
私たちを魅了し続けています。

そんなウォールナットの家具はコーディネートがしやすいため、
和洋問わずどのようなスタイルにも溶け込む万能さがあります。

また壁、床材やカーテン、ラグなどとの組合せを変えるだけで、
様々な表情を見せてくれるのもウォールナット材の魅力です。

 

 

今回はそんなウォールナットを使った
家具のコーディネートについてご紹介していきたいと思います。

 

1.床材と合わせた高級感溢れるシックなイメージ


お部屋の家具をウォールナットの家具で揃えると、
統一感が生まれまとまった印象を演出できます。

ウォールナット色でまとめたコーディネートは、
雰囲気を引き締める効果があります。

床材もブラウンや黒などの同系色の色合いを選ぶと、
高級感溢れる重厚なイメージを演出するのに最適です。

ただ濃い色で統一すると暗く重たい雰囲気になってしまう、
可能性もありますので注意が必要です。

 

 

間取りが限定された空間では難しいですが、
空間を広く使えるお部屋にはオススメのコーディネートです。

 

2.メリハリのある落ち着いた上品なイメージ


mol_imgc2

ラグやソファ、チェアなどの
ファブリックに明るい色合いを使い、
ウォールナットの色合いを際立たせたコーディネート。

ウォールナット一色のコーディネートでは、
お部屋の間取りや家具の組合せ次第では、
若干暗く重たいイメージを与えてしまいます。

家具以外のアイテムに明るい色を用いることで、
お部屋は暗すぎず、明るすぎない、
落ち着いた品のある印象を演出できます。

メリハリの効いたコーディネートのため、
ウォールナットの家具がより際立ち、
存在感溢れる上質な雰囲気を醸し出します。

 

 

3.ウォールナットと相性の良い観葉植物で彩りを


インテリアのカラーコーディネートには、
7:2.5:0.5の黄金比バランスがあるのをご存知でしょうか?

おしゃれな空間にしたいのに
なかなか思い通りにいかないなどのお悩みは、
黄金比のバランスを考えることでワンランク上の空間に仕上げることができます。

木の幹と葉をイメージすると分かりやすいと思いますが、
ウォールナットの色合いには観葉植物の緑系の色も相性が良いです。

もうワンポイントお部屋に彩りを加えたい時には、
観葉植物を取り入れたコーディネートもオススメです。

 

 

Posted by:takanomokkou

コメントを残す