あっという間に10月も半ばになり
朝夜のひんやりとした風を感じます。

そろそろニットアイテムが必要な時期になりましたね。
季節の変わり目に、今一度ワードローブをすっきりさせてみませんか?

 

ワード.jpg

 

毎シーズンごとに洋服を新調したり、
トレンドの流行アイテムを揃えたり。
お洋服はどうしても増える一方になりがちです。

さらにアイテム数の多い衣類は何がどこにあるのか分からず、
気づけば収納スペースがごちゃついていたり・・・。

そこで今回は、おすすめのワードローブと、
快適なワードローブを保つための衣類収納のポイントをご紹介します。

 

ワード3.jpg

美しいワードローブ作りのコツ


1.アイテムごとに分けて収納

ワードローブの中で、「アウター」「スカート」
「シャツ」などのカテゴリーを作って収納しましょう。

着たい服を見つけやすいので、
コーディネートも決めやすくなります。

 

2.Tシャツやカットソーなどのトップスは折りたたむ

かさばってしまいがちなTシャツは、
どこに何があるか一目でわかるように、
同じ大きさ程に折りたたみましょう。

 

ワード4.jpg

3.ハンガーに掛ける場合は長さ別にまとめて

シャツやアウターは、シワにならないように、
ハンガーにかけるのをおすすめします。

長めのアウターやワンピース、
コンパクトなトップスなど長さ別にまとめて収納することで、
着たいものをすぐに見つけることができます。

 

4.お気に入りアイテムは見せる収納もおすすめ

帽子などのファッション小物類を並べてみたり、
お気に入りのスタイリングをディスプレイのようにしたり……。
インテリアの一部としての、見せる収納もおすすめです。

 

ワード2.jpg

 

イメージのLECCE 120ワードローブは引き戸式で奥行62.5cmと、
スペースの少ないベッドルームにもおすすめです。

左側には移動棚仕様の便利な収納スペース、
右側にはハンガー掛け・ネクタイ掛けのスペースになっています。

さらに引き戸の後ろにスライド式のミラーが
付属しているのでその場で全身を確認できます。

ワードローブ全体から見ることのできる
ウォールナットの美しい木目がグレードの高さを感じさせ、
重厚でモダンな空間を演出します。

 

 

衣替えの機会にインテリア性と機能性のある収納を兼ね備えた
快適なワードローブを取り入れてみませんか?

 

 

 

 

 

Posted by:takanomokkou

コメントを残す