会話が弾みそうな丸みのある形が
インテリアにやさしく柔らかな印象を与えてくれるラウンドテーブル。

 

今回は、日本で昔からこよなく使用されてきた円卓、
ラウンドテーブルの利点をご紹介します。

 

ラウンドテーブルの特長は、

・みんなが向き合える
・角がない
・人数調整しやすい ことです。

 

 

その中でも 一番の魅力はやはり、
「お互いの顔を見れること」ではないでしょうか?

 

insta41.jpg
 使用家具:plane round teble105WN / plane chair WN chart6 キャメル

ご飯を食べながら、
今日一日の出来事を話したりなどお互いの顔が見える丸型は、
「家族だんらん」の絆をより一層深めてくれます。

 

2つ目の利点は、角がないことです。

角がないというのは視覚的な癒し効果のほか、
小さなお子様にやさしいといった特徴もあります。

 

天然木無垢材の天板を丸面加工で仕上げているため、
長方形のテーブルのように四隅で
頭をぶつけてしまうという懸念を軽減してくれます。

 

また、丸型は椅子の配置や椅子のサイズを変更するだけで
来客時など使用人数に応じて人数調整がしやすい所もポイントです。

 

自然とテーブルを囲むようになれば一緒に食事をしたり、
会話が生まれたり、家族団らんの時間が増えそうですね。

 

ダイニングテーブルを選ぶ際に上記の利点を参考にして頂けると幸いです。

 

 

Posted by:takanomokkou

コメントを残す